revised

謝辞

多くの方からたくさんの情報を寄せていただき、ここにまとめました。おおぜいの岡崎ファンの力で、このサイトはできています。ありがとうございます。
しかし情報が多すぎて、確認が追いつきません。内容については、各自でご確認をお願いいたします。
また、本来は情報を寄せてくれた方のネームと日付も記載すべきなのですが、メイルが山のようにたまって、わけわかんなくなってしまいました。すんません…
それでも情報を歓迎します (^_^;) →コメント欄にお願いします。

岡崎さんのお仕事

岡崎さんは「マンガ家」の枠に収まらず、映画、音楽、アートなど多方面に進出していました。マンガだけではなくイラスト、エッセイ、対談やテレビ出演など、その活動はバラエティに富んでいます。

そこで次のように分類しました。

整理しながら感じたのは、なぜこんなものまで?と思うくらい間口を拡げていること、アート関係では硬い文章を積極的に書いていてその方面への関心が強かったこと、映画や音楽関係では仲間と楽しく遊んでいた感じがすることなどです。
そして、そんな岡崎さんの創造性に惹きつけられ、多くの人がいまだに岡崎さんを忘れないでいます。いまだに評論の多いことに、驚きました。
それから、岡崎さんは引用を多用することが知られています。引用についてはtachさんのサイトの「岡崎京子による引用・言及事例集」がすばらしく充実しているので、ご参照下さい。
音楽についての引用も多いです。作品中に登場する曲やバンドは、sitebbiwの「岡崎京子の音楽趣味を解析する」に詳しいです。
なお、ここに載っている大方の情報は『岡崎京子の研究 』(ばるぼら著)に詳しく載っていますので、ご参照ください。

本を探す

この章は、中古の書籍を探すために作りました。2000年以前は、単行本も絶版だと古書店を回るしか入手方法はありませんでした。しかしその後ネットの発達によって、ネットオークションやネット古書店で入手しやすくなりました。さらに2012年以降は電子ブックによる再刊が相次ぎ、岡崎先生の昔の作品もずいぶん読めるようになりました。
それでもまだ発掘されていないものは多々ありますので、調査でよく使うサイトを参考に挙げておきます。

新刊・電子書籍

 

ネットオークション

ヤフオク  楽天オークション

ネット古書店

book off  日本の古本屋  スーパー源氏 古雑誌のre-make/re-model アートのmil books

図書館等

国会図書館(近所の公立図書館から本を取り寄せて読むことができます)
CiNii 国立情報学研究所  東京都公立図書館横断検索  大宅壮一文庫  現代マンガ図書館  日本マンガ学会  東京国際マンガ図書館